鍼灸マッサージ吸玉院ごぎょうブログです
開業前や開業後のあれこれを綴ります

2019-10-18

乾燥と肺のはなし

みなさん、こんにちは。

金木犀の香りも濃くなり、秋の深まりを感じる今日この頃です。


ごぎょうもホットカーペットを準備し、

ベッドに横になった時にほんのり暖かいように冬支度しました。


さて、

秋の深まりとともにやってくるのが、

【乾燥】です。


湿気に弱いカシワイは、乾燥を好むので秋が好きです。

でも、乾燥が邪気になってある症状に困る方もいます。


乾燥による咳・喘息です。


肺は呼吸をするたびに外気に触れ、外界の環境に左右されやすい臓器です。

また、中が空洞なので熱がこもったり、湿気がこもりやすく、

それによって咳が出たり、呼吸がしにくくなります。


そこまでじゃなくても、

喉がイガイガしたり、気管が張り付くような感じがする人は要注意です。


予防法は、体を温めることです。


からだを温めたら、逆に熱がこもっちゃいそうなものですが、

違うんです。


体があたたまると肺がのびやかに動き、気が巡ります。

すると、体表を流れる衛気(防衛機能)が盛んになり、

その時の外気に応じたカラダにしてくれる、

という、免疫機能的な役割を果たしてくれます。


原因である、こもった熱などは発散されて外へ出ていきます。


こんな具合に、気が巡ると症状がやわらぎます。


むかしから、3つの「首」を温めると効率よく体が温まると言われています。

「首」、「手首」、「足首」です。


まずは、足首から温めて下さい。

最近はくるぶしソックスが多いですが、

足首からアキレス腱、ふくらはぎ位まで隠れるとベスト。


外側から温めて、

内側から温めて。


ぬくぬく過ごしましょう。


咳が長引く方、冷え症などご相談ください。

鍼灸で季節の変わり目の養生を。


鍼灸マッサージ院 ごぎょう

他のブログを見る

ご予約について

お電話でのご予約

03-6425-7346

  • 受付時間:
  • 平日12:00~20:00
    土日祝9:00~19:00
インターネットでのご予約

パソコンまたは携帯(スマートフォンもOK)のインターネットから24時間ご利用頂けます。 予約画面からご希望のコースと時間を選んでその場でご予約頂けます。

ネット予約

ご予約QRコード

QRコード