鍼灸マッサージ吸玉院ごぎょうブログです
開業前や開業後のあれこれを綴ります

2019-03-06

お酒のちから

みなさん、こんにちは。


花粉が始まってます、、、という患者さんが増えています。

ピークということでしょうか?

ならば、あとは少しずつ減少していくのではと思いきや、そんな甘くは無いようですね。

まだまだ、続くようですので、対策は引き続きしていきましょう。


ところでみなさん、お酒はすきですか?



ほぼ飲まないカシワイですが、

先日、お風呂上りにウォッカが入ったサワー的なものを一杯飲みました。


数分後、体が真っ赤になり、ポカポカ、、、。


このままま寝てしまおうと思い、布団に入ったのですが、、、

体がガクガク、ゾクゾクしてきて、しばらく寝付けませんでした。


こんな体験は初めてだったので、

体の変化をよく考察してみました。



おそらく、

お酒によって内側に閉じこもっていた陽気が発散され、体が温まり、皮膚が赤くなりました。

ですが、熱が発散されたことで陽気が不足し、体が冷えてしまったのではないか、と。

東洋医学では、

お酒は『陽気の塊』と言われています。

蒸留酒のお湯割りや、日本酒の燗は、

適量で体を温め、気血津液を巡らせる作用があります。


ウイスキー、泡盛、焼酎、テキーラ、ブランデー、ウォッカですね。


一方、蒸留酒の水割りやビールは、

胃を冷やしたり、お小水の回数が増えることがあります。

たしなむ程度なら問題ありませんが、

もともと胃腸が弱い方は注意が必要です。


なら、お湯割りや熱燗なら沢山のんでもいいのか、というと、それも違います。


先程、お酒は陽気の塊と言いましたが、

体質として熱が旺盛な方(赤ら顔、血圧が高い等)や、

体が温まることで痛みやしびれ、痒みの症状が出ている方は控えたほうがいいでしょう。




お酒の席になるとみんなオープンになり、気軽に話せたりしますよね、

それはお酒の陽気の力を借りているからです。

陽気な人になっているような感じです。


気分よく、楽しく飲めるお酒は体も心も元気にしてくれます。

ぐっすり眠れて、疲労もとれたり。

お酒が体にとってプラスになるように、適量を知って楽しく飲んで頂きたいと思います。


肩こりや目の疲れ、花粉症、内臓のメンテナンスにも鍼灸がおススメです。


鍼灸マッサージ吸玉院 ごぎょう

他のブログを見る

ご予約について

お電話でのご予約

03-6425-7346

  • 受付時間:
  • 平日12:00~20:00
    土日祝9:00~19:00
インターネットでのご予約

パソコンまたは携帯(スマートフォンもOK)のインターネットから24時間ご利用頂けます。 予約画面からご希望のコースと時間を選んでその場でご予約頂けます。

ネット予約

ご予約QRコード

QRコード