鍼灸マッサージ吸玉院ごぎょうブログです
開業前や開業後のあれこれを綴ります

2019-02-07

おこめのちから

みなさん、こんにちは。

2月に入り、寒暖差が10度以上になる日もあったりと、体調管理が難しい今日この頃です。


さて、

今日は『米』についてのお話。


あなたはパン派?ご飯派?、なんて議論がなされることがありますが、

やっぱりお米を食べてほしい!と思ったので、ブログでお話したいと思います。



日本語には、

稲、米、飯など、

収穫前後や、調理前後によって言葉が変わったり、

『お』を付けてお米、『御』を付けて御飯など、様々な言い方があります。


とても貴重なものとして大切にしてきた、日本ならではの文化が表れています。


それもそのはず、

なんといっても栄養価がとんでもないんです。





ほかっほかなご飯、幸せな気分になります。


では、

ご飯1杯分(150g)で摂れる栄養を、具体的な食品で比較してみました。


ご飯1杯分で摂れるエネルギーは222キロカロリー。

これはハンバーガー1個分相当です。

糖質はひじき100g分。

脂質は食パン3分の1個分。

タンパク質は牛乳130cc。

ビタミンB1はキャベツ100g。

ビタミンB2は大根100g。

ビタミンEは黒ごま小さじ8杯分。

その他にもカルシウム、亜鉛、食物繊維、まだまだあります、、、。


ご飯だけでこんなにたくさんの栄養が摂れるんです。


例えば、少食の女性が食パンと牛乳130cc、大根サラダを食べたとします。

お腹いっぱいにはなりますが、

これだけでは必要な栄養素が足りません。

それならご飯を少なくし、おかずとお味噌汁プラスしたほうが栄養価がグッと高まります。

一汁一菜ですね。


色々な食材を摂ることはもちろん重要ですが、

忙しくておかずを何品も作れないときや、

仕事で疲れて帰ってきて、ご飯を作る気が出ないときもあります。


そんな時こそ、ご飯を食べて下さい。

よく噛んで、ごはんの甘味を味わってください。



そうすると、消化器系が動き出して気血津液がきちんと製造され、

疲れた五臓が少しずつ養われていきます。  


いきなり東洋医学です。( ̄ー ̄)



食事で大切にしたいポイントは、

体が必要としている栄養素を摂ること、

そしてお腹が満たされること、だと思います。



寒暖差に負けない体づくりは、

バランスの良い食事から。

ご飯をしっかり食べましょう!




鍼灸マッサージ吸玉 ごぎょう 

他のブログを見る

ご予約について

お電話でのご予約

03-6425-7346

  • 受付時間:
  • 平日12:00~20:00
    土日祝9:00~19:00
インターネットでのご予約

パソコンまたは携帯(スマートフォンもOK)のインターネットから24時間ご利用頂けます。 予約画面からご希望のコースと時間を選んでその場でご予約頂けます。

ネット予約

ご予約QRコード

QRコード